日本人は冷淡なのか? いや、「日本人は時にものすごく善良で温かい」=中国メディア

日本人は冷淡なのか? いや、「日本人は時にものすごく善良で温かい」=中国メディア

中国メディアは、ある中国ネットユーザーの「日本人の冷たさは彼らの厳格な自律性によるものであり、日本人の温かさは彼らの本質的な善良さを示すものだ」という評価はとても正確だと感じると結論した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディアの今日頭条は4日、「日本人は結局のところ冷淡なのか、それとも温かみのある民族なのか」と題する記事を掲載し、このテーマに関する「自らの体験」を紹介した。

 記事は、熊野古道を旅行した中国人が出会った日本人の人柄について紹介している。その一例として、ある高齢の日本人女性は中国人筆者と同じ小さなバスに乗車した際、降車するバス停が1つ違いという理由で自分と一緒に座るよう促し、また運転手にこの中国人が降車したいバス停をあらかじめ伝え、到着したら運転手が教えるように親切に取り計らってくれたという経験を紹介した。

 また、目的のバス停に到着したので料金を払おうとした際、高齢の日本人女性が1つ前のバス停で降車した時にすでにこの中国人の料金も払ったと運転手が言うのを聞いたとき、「心の中がしばらく感動で満たされた」と説明した。

 こうした自らの経験に基づき、時には存在を全く無視されることもあるが、時には「日本人はものすごく善良で温かい」と感じると論じ、また、ある中国ネットユーザーの「日本人の冷たさは彼らの厳格な自律性によるものであり、日本人の温かさは彼らの本質的な善良さを示すものだ」という評価はとても正確だと感じると結論した。
 
 記事に投稿されたコメントの中にも日本で受けた心温まる親切の実例が紹介されており、そのコメントに多くの賛同が集まっている。日本人の温かさに関する真実が、多くの外国人に紹介されるというのはとてもうれしいことだ。

 また日本人の冷たさが日本人の厳格な自律性を示すという評価については、日本人は自分のことは人の助けを借りずに自分で行うのが普通であるため、他人に対しても同じ原則を適用する傾向にあり、こうした行動が中国人からすると時に「冷たい」と感じられるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)