日本の学校が出す「夏休みの宿題」は、とても素晴らしい=中国メディア

日本の学校が出す「夏休みの宿題」は、とても素晴らしい=中国メディア

中国メディアは、日本の夏休みの宿題にある自由研究課題が詰め込み式教育の脱却を目指す上で非常に効果的なものであるとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 7月も中旬に差し掛かり、間もなく各地の学校が長い夏休みに入る。夏休みの宿題と言えば「自由研究」が真っ先に思い浮かぶが、中国メディア・東方網は10日、日本の自由研究課題が詰め込み式教育の脱却を目指す上で非常に効果的なものであるとする記事を掲載した。

 記事は、夏休み期間中に中国の子どもたちは毎日のように机にかじりついて大量に出された宿題をこなす必要があると紹介。一方日本でも夏休みの宿題は出されるものの、子どもたちは机と向き合うだけでなく、自ら「動く」ことで宿題を完成させていくのだとした。

 そして、「自由研究」と称されるこの宿題について「子どもたち自身の興味に基づき、知り、発見し、観察し、調べ、実践したうえで結果をまとめて報告するもの」であると説明。日本では1920年代よりこのような自由研究の宿題が出されるようになっていると伝えた。

 そのうえで、このような宿題こそ現在の中国の青少年に必要なものだと指摘。今の中国の子どもたちは本や授業で得た二次的な知識ばかりを蓄えており、自らの体験で得られる一時的な知識が不足しており、自ら課題を見つけて観察し、考え、最終的に知識にたどり着くという行動が実に少ないとしている。

 記事はまた、日本の子どもたちが約1カ月の時間をかけて自由研究を完成させ、新学期の始めに報告書として提出すると紹介。報告書には研究の動機や調査、実験の方法、結果、考察や感想が図表とともにまとめられているとした。さらに、それぞれの研究はクラスや学校の中で発表が行われ、優れた研究に対する表彰もあり、子どもたちの研究意欲をさらに高めているのだと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)