和牛はなぜ高級牛肉なの? 食べてみればその理由がわかる=中国メディア

和牛はなぜ高級牛肉なの? 食べてみればその理由がわかる=中国メディア

中国メディアは、「和牛が世界で最も高級な牛肉とされているのはなぜか」と問いかける記事を掲載し、高級和牛を食べてみればその理由がわかると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 和牛の美味しさは中国でも広く知られていて、特に神戸牛というネーミングの認知度は非常に高く、高級ブランド牛肉として知られている。それゆえ普通の牛肉を神戸牛と騙って高値で売るケースもあるようだが、中国メディアの捜狐は9日、「和牛が世界で最も高級な牛肉とされているのはなぜか」と問いかける記事を掲載し、高級和牛を食べてみればその理由がわかると伝えている。

 記事はまず、和牛が世界的に人気となっていて、日本のブランド牛の名前を聞いたことのある中国人は多いと強調。続けて、和牛には黒毛和種、褐毛和種、無角和種、日本短角種の4種類があり、一般的には日本の市場で多く出回っている黒毛和種が和牛と言われていると紹介した。

 また、和牛は肉のサシの入り具合でA1からA5までランク付けされていると伝え、生産者は良い肉質の牛を育てるため、広い牧場で放牧させて適度な運動を牛にさせたり、牛舎に音楽を流し、牛がリラックスできるような環境で飼育していると紹介した。

 では、これだけ手間とコストをかけて生産した高級和牛はどのように食すのが美味しいのだろうかと疑問を提起した。A5ランクの最高級肉は「刺身」で食べても美味しいのが特徴だと指摘し、最高級肉はサシの入り方が絶妙であるゆえ、生肉を口に入れた瞬間に「とろける」ような食感を味わうことができると紹介した。また、A4、A3ランクの肉は「炭火」で焼いて「塩」を付けて食べることによって、肉の旨みを味わうことができると伝えた。また、「寿司」や「鍋」として食べる場合には、A3ランクの肉が、サシの入り具合や価格の面からもおすすめであると紹介した。

 最近では、輸出が禁止されている和牛の精液や受精卵が中国に持ち出され、流出しかけていたことが発覚した。流出した受精卵により育ったパクリ和牛が流通すれば、和牛の価値が下がる危険があるが、その背景には中国で和牛に対する人気が高まっている事実があると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)