日本を訪れた中国人が「理解しがたい」と感じる日本の習慣とは=中国メディア

日本を訪れた中国人が「理解しがたい」と感じる日本の習慣とは=中国メディア

中国メディアは、日本を訪れた中国人が「理解しがたい」と感じる日本の習慣を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人は毎年増加していて、その増加ぶりはまさに右肩上がりと言える。日本と中国は隣国同士であり、日本には中国から伝わった文化が多いものの、人びとの習慣においては大きな違いがあり、訪日した中国人としては違和感を覚える点も多数存在するようだ。中国メディアの今日頭条は8日、日本を訪れた中国人が「理解しがたい」と感じる日本の習慣を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では中国と違って食べ歩きは行儀が悪い行為と見なされるため、「歩きながら食べたり飲んだりしていると、周りの日本人から白い目で見られる」と紹介した。中国ではものを食べたり飲んだりしながら街を歩くことが普通の光景であるため、この違いには驚くだろう。特に地下鉄の車内などでも飲食をしている人の姿を見かけるが、車両が揺れた拍子に他人に食べ物や飲み物をかけてしまう可能性などは考えていないのかもしれない。

 次に、日本人の多くは「仕事や遊び、さらにデートの際にも鞄を持ち歩く」と紹介し、記事の中国人筆者が手ぶらで日本の街を歩いていたら、鞄を持っていないという理由で警察から職務質問された経験を紹介した。中国人ももちろん仕事に必要なものを鞄に入れて持ち歩くが、仕事以外の状況で鞄を持って出掛ける人は少数派で、スマートフォンをズボンのポケットに入れ、手ぶらででかける人が多いのは事実だろう。

 また、日本人は折りたたみ傘ではなく、長傘を好んで使用すると伝え、これも中国人からすると「理解しがたい」と主張。日本ではとりわけ透明ビニール傘を使用している人が非常に多いと伝え、雨の日に商業施設などで用意されている傘を入れるビニール袋は基本的に長傘用であると紹介した。確かに中国では携帯に便利な折りたたみ傘を使用している人が多く、日本で普及しているビニール傘はほとんど見かけない。

 逆に、日本人が中国を訪れた際に理解し難いと感じる点も多数存在している。最近になってようやく規制され始めているが、夏に中年男性がお腹を出している「北京ビキニ」は、ポッコリしたお腹を出して恥ずかしくないのかと不思議に思ってしまう光景だ。他にもいろいろ理解し難いと感じる点はあるが、その国の文化や習慣だと受け入れることも、その国を理解する際に必要なことかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)