日本で漢民族の伝統衣装「漢服」を着たらどうなる? 良い思い出になった!=中国メディア

日本で漢民族の伝統衣装「漢服」を着たらどうなる? 良い思い出になった!=中国メディア

中国メディアは、「中国人が漢民族の伝統衣装である漢服を着て日本の街を散策するのはどんな体験になるか」という記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる外国人観光客は、着物を着て街を散策するだけでも特別な体験になるというが、中国メディアの捜狐は12日、「中国人が漢民族の伝統衣装である漢服を着て日本の街を散策するのはどんな体験になるか」という記事を掲載した。

 記事は、中国の一部の若者達の間で「漢民族の伝統衣装の漢服を着て街を歩き、写真を撮るなど個性的なファッションを楽しむ人がいる」と指摘。中には日本で漢服を着て楽しむ人もいると紹介した。

 中国人観光客の多くは、日本の京都などで着物を着て写真を撮るのが一般的だとしつつも、そこで漢服を着ることについて「京都はかつて中国の都を模して作られたゆえに、中国の古都の雰囲気が色濃く残っている」と指摘。ゆえに「当然漢服を着て街を歩いても景色に馴染む」と主張した。

 また、東京の下町や江戸金魚展や花火大会にも漢服を着て訪れた様子を写真と共に伝えた。この経験は非常に思い出深い体験となったとしつつも、日本の袴と間違われたこともあり恥ずかしく感じたとしている。

 これまで中国で漢服として販売されていた服の多くは、デザインを模したもので生地の質も悪くコスプレの様な感じがあったが、最近は中国の古典絵画を参考に作られるものも出て来て、だいぶ質が上がっていると指摘。それでも中国の街中で漢服を着て歩くと周囲から奇異の視線を浴びることになるが、日本ではそうした感覚はなかったようで、「漢服を着て写真を残すのは一生の良い記念となる」と勧めている。

 記事が伝えたように、中国の伝統的衣装をあえて日本で着て記念撮影するというのは日本人からすると奇妙に感じられるが、「漢服を着る中国人自身に民族の誇りと文化を伝承する気持ちがあれば、どこで着ても恥ずかしく感じる事はない」と主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)