新幹線は「中国高速鉄道よりも優れているのか?」 中国ネットの声は・・・=中国

新幹線は「中国高速鉄道よりも優れているのか?」 中国ネットの声は・・・=中国

中国メディアは、新幹線が中国高速鉄道よりも優れている点については「蓄積された技術」であり、日本は新幹線という高速鉄道システムの「基幹技術」を掌握していると指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディアの今日頭条は17日、日本の新幹線は「中国高速鉄道よりも優れているのか」と題する記事を掲載し、中国高速鉄道の優位性はコストの低さにあると説明しながらも、いくつかの点ではまだ新幹線に及ばないのが現状だと論じた。

 記事は、中国高速鉄道が新幹線よりも優れている点の1つは「コストの低さ」であると主張、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を始め、中国高速鉄道が建設コストの安さを強みとして受注につなげた例は確かに少なくないと言えるだろう。
 
 一方、新幹線が中国高速鉄道よりも優れている点については「蓄積された技術」であり、日本は新幹線という高速鉄道システムの「基幹技術」を掌握していると指摘する一方、中国はまだ一部の基幹技術を掌握できておらず、外部からの調達に依存していると強調した。

 一方、中国高速鉄道が新幹線に劣っているのは「利便性」であるとし、中国高速鉄道の駅の多くは辺鄙な場所や郊外にあって、他の鉄道や地下鉄との連携ができていないため不便であるのに対し、新幹線は他の交通手段との乗り継ぎがとても便利だと指摘した。また、新幹線は建設にあたって住民の環境と自然への影響、さらには経済効果などを徹底的に調査、研究し、最も良い建設プランを選択しているが、中国の場合は日本ほど綿密ではなく、この点で日本よりもいくらか後れていると論じた。

 また、新幹線の車内弁当や駅弁はすでに日本旅行の特色になっており、弁当文化を体験するために新幹線に乗る人もいるほどだと説明する一方、中国の駅弁は価格が高いうえにクオリティは非常に低いと強調し、日中の駅弁には大きな差があると指摘。結論として乗客の便利性や技術力という点で日本はまだ中国の先を進んでおり、中国が学ぶ点は多いものの、中国が日本に追いつき追い越すことを信じていると締め括った。

 この記事に対して、中国ネットユーザーは「日本は世界で初めて高速鉄道を開業した国家」であることのすごさを認めるべきだという主旨のコメントを投稿したほか、別のユーザーは巨人と巨人の肩の上に乗っている小人のどちらが背が高いかを考えるように促すコメントを投稿、中国高速鉄道は日本が築いた巨大な基礎の上に成立しているという見方を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)