中国で「超高級車」のトヨタ・アルファード、日本ではなぜこんなに多いのか=中国メディア

中国で「超高級車」のトヨタ・アルファード、日本ではなぜこんなに多いのか=中国メディア

トヨタ・アルファードは、中国では「超高級車」という位置付けにあり、日本ではごく普通にアルファードを見かけるため、その光景に驚く中国人は多いという。(イメージ写真提供:123RF)

 日本で見かける機会の多いトヨタ・アルファード。この車は中国で非常に高額で取引されていて、値段から言えば「超高級車」という位置付けにあり、中国国内で見かける機会は非常に少ない。一方、日本ではごく普通にアルファードを見かけるため、その光景に驚く中国人は多いという。中国メディアの今日頭条は24日、中国で100万元(約1578万円)もするアルファードが、日本では「大衆車」とみなされていると主張する記事を掲載した。

 記事はまず、中国の自動車市場では「乗り心地が快適で、安全性と動力性能の高い高級車が」人気を集める傾向にあることを紹介し、トヨタ・アルファードは中国で「乗り心地が良い高級車」として多くの消費者から注目されていると論じた。

 続けて、中国でアルファードを購入しようとすると、諸経費込みで100万元もすると紹介する一方、日本の街ではよく見かける車であると伝え、「日本人は大金持ちなのか」と疑問を提起した。

 さらに日本でアルファードをよく見かける理由について、「アルファードは中国よりはるかに安価で、30−40万元(約480−640万円)ほどで購入できる車」なのだと指摘。日本人にとっての30−40万元と言えば、中国人が中国車を購入する程度の金銭的負担に過ぎないことを紹介し、日本でアルファードを多く見かけるのは「日本人が大金持ち」だからではなく、中国より圧倒的に安いためであると強調した。

 中国の自動車市場で人気のある車種といえばセダンとSUVであり、ミニバンやワンボックスタイプの車は商用車とみなされる傾向が強く、自家用車としての人気は低い。だが、アルファードのような大型のミニバンは中国人が重視する「車内空間の広さ」と「乗り心地の良さ」、「動力性能の高さ」という強みがあり、今後は中国でもミニバンが人気となる可能性は高いと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)