上海汽車の大通ブランド名をレクサスならぬ「マクサス」に変更・・・中国メディア「言葉が出ない」

上海汽車の大通ブランド名をレクサスならぬ「マクサス」に変更・・・中国メディア「言葉が出ない」

中国メディアは、先日上海汽車グループが大通ブランドの名称を「マクサス(MAXUS)」に変更することを発表したと紹介。これまで「大通D60」だったSUV車種は今後「マクサスD60」になるとしている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は27日、中国の自動車メーカー・上海汽車の大通ブランドが、日本の高級自動車ブランドと1文字違いの名称に変更されたと報じた。

 記事は、先日上海汽車グループが大通ブランドの名称を「マクサス(MAXUS)」に変更することを発表したと紹介。大通ブランドはSUV、ピックアップトラック、新エネルギー車など多くの車種を揃えており、これまで「大通D60」だったSUV車種は今後「マクサスD60」になるとしている。

 そのうえで「上海汽車がブランド名を変更した意図は分からないが、普通の人が見ればこれは明らかに日本のレクサスブランドを意識したものとの疑いを持つ」との見方を示すとともに、レクサスが現在中国で高い人気を集めていることを説明。「今回大通がマクサスに変わったことについて、ちょっと言葉が出ない」と評した。

 記事は、今回の改称で同じく中国のブランドであるBYDについて想起させられたとし、当初は非常にダサいイメージが付きまとっていたものの、この会社はブランド名を変更することなく努力を重ね、徐々に素晴らしい自動車を作るようになり、今ではBYDという名前がダサいという声はとても少なくなっているとした。

 そして、「ちゃんとした自動車を作りたいのであれば、名前だけに頼ることは絶対にしてはならない。自分の実力があってこそ、初めて名前が生きてくるのだ」と指摘している。

 「LEXUS」と「MAXUS」、アルファベット表記であれば頭の2文字が異なるが、カタカナで書けば「レクサス」と「マクサス」で1字違いになる。そして、中国語表記も「雷克薩斯」と「邁克薩斯」でやはり1字違いだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)