中国の自動車愛好家は日本を羨むが「比較してみたら別に羨ましくない」=中国メディア

中国の自動車愛好家は日本を羨むが「比較してみたら別に羨ましくない」=中国メディア

中国にも多くの自動車愛好家が存在していて、なかには日本の車事情を羨む中国人もいるという。しかし、中国メディアは、「中国の方が恵まれている点も多い」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国人にとって、自動車は移動を便利にしてくれるツールであると同時に、自分の社会的地位やステータスを示すツールでもある。それゆえメンツを大切にする中国人のなかには多額の借金をしてまで高級車を買う人もいるようだ。

 このように中国人と日本人とでは自動車に対する考え方は少々違っていると言えるが、中国にも多くの自動車愛好家が存在していて、なかには日本の車事情を羨む中国人もいるという。中国メディアの今日頭条は30日、日本の自動車愛好家を羨む中国人は少なくないと指摘する一方、自動車事情を比較してみると「中国の方が恵まれている点も多い」と論じる記事を掲載した。

 記事は、性能の高いスポーツカーなど、中国市場には投入されていない車種も少なくないため、中国の自動車愛好家のなかには「日本には良い車がたくさんあって、日本人が羨ましい」と考えている人は少なくないと紹介。では、日本の自動車愛好家が幸せかと言えば、「必ずしもそうではない」と主張し、日本と中国の自動車事情を比較すると中国の方が恵まれていると論じた。

 中国の場合は車が増えすぎたことを理由に、主に大都市で自動車の購入制限が行われていると紹介し、車を買いたくても買えない場合があると紹介する一方、日本では好きな時に好きな車を購入できるのは事実だと紹介した。

 しかし、自動車を購入し、所有するうえでかかる「コスト」を比較してみると、税金面では中国の場合は「車両購置税」、「車両増値税」、「車船使用税」の3種類しかなく、負担もさほど重くはないと紹介。一方、日本の場合は購入時に「自動車取得税」と「消費税」がかかり、保有中は自動車重量税と自動車税がかかると伝え、税負担は中国より重いと指摘した。また、日本では車庫証明がないと車を所有できないとし、都市部では駐車場料金が高額になる場合が多いと伝えた。

 さらに、近年は中国でも中古自動車市場が急激に発展していて、良い車を安価に手に入れることができるようになったと指摘。車を購入し、所有するコストという点から見れば、中国の方が愛好家にとっては恵まれているのではないかと伝え、日本の自動車愛好家が幸せかと言えば、「必ずしもそうではない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)