どうして日本の料理が、中国の料理よりも精緻で優れているように見えてしまうのか=中国メディア

どうして日本の料理が、中国の料理よりも精緻で優れているように見えてしまうのか=中国メディア

中国メディアは、中国の食べ物は日本の料理と比較されることが多く、しかも「日本の料理よりも精緻さに欠ける」という認識を持たれてしまうとした。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は1日、「どうしてみんな中国のグルメは日本のグルメに比べて精緻さが足りないと思ってしまうのか」とする記事を掲載した。

 記事は、中国料理は他国の料理と異なる部分が大きいため、しばしば外国人が中国と外国のグルメの比較を行うと紹介。その中で、中国の食べ物は日本の料理と比較されることが多く、しかも「日本の料理よりも精緻さに欠ける」という認識を持たれてしまうとした。

 そのうえで、日本の料理は中国文化の影響を深く受けているとはいえ、中国の料理とは全く異なるものであると説明。その最たる例は食材の違いであり、日本は四方を海に囲まれていることから海産物が豊富であるとしたほか、日本の料理でこだわる点の一部は中国では重要視されず、逆に中国の料理が大事にする部分が日本料理では特に言及されないといったことも少なくないと伝えた。

 そして、海を隔てた隣国どうしてある日本と中国は多くの部分で異なる文化や理念を持っており、それは、飲食の文化の違いにも通じていると紹介。「ある部分だけで日本料理の方が優れているという判断を下すのは、不公平だ」としている。

 懐石料理など、高級な飲食店で供される日本の料理は確かに精緻さを感じさせるが、日常的かつ大衆的な日本の食事においては、そこまで精緻さは追求されていない。一方、中国の料理も高級中華となれば精緻な品々がテーブルに並ぶ。外国人が「日本料理は精緻で、中国料理はおおざっぱ」という印象を抱いているとするならば、それは海外に高級なものが伝わったか、大衆的なものが伝わったかの違いによるものなのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)