中国に存在する日系車や米国車に対するデマ、「事実に合わせて正すべき」=中国メディア

中国に存在する日系車や米国車に対するデマ、「事実に合わせて正すべき」=中国メディア

中国メディアは、中国では消費者が徐々に成熟をみせているとしながらも「日系車や米系車に対するデマは依然として存在している」として、その誤解を正す記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の自動車保有台数は年々増加しており、消費者の自動車に対する「考え方」も成熟していると言えるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、自動車大国として成長する中国では消費者が徐々に成熟をみせているとしながらも「日系車や米系車に対するデマは依然として存在している」として、その誤解を正す記事を掲載した。

 記事は、中国の自動車産業は成長を続けているゆえに、中国人消費者の間に根づく自動車に対する評価は「最新の事実に合わせて変えていかなければならない」と主張。続けて、中国で頻繁に聞かれるデマを取り上げ、説明を加えた。

 たとえば、「日系車は安全性に劣る」という話は中国では昔から語られてきたと指摘。それは、資源の限られた日本は常に燃費やコストを抑えることに力を注いできたゆえに、「初期の日系車のボディー鋼板が薄かったのは事実だ」としつつも、「近年の日系車の安全性は米国の衝突安全テストで実証されている」と指摘し、日系車は安全性に劣るという話はデマだと強調した。

 また、「米国車は作りが雑で、燃費が悪い」という話についても、「かつて米国車は馬力に重点を置き、燃費が悪かったのは事実だが、近年は世界が環境に配慮する動きに合わせて燃費を向上させている」と指摘し、こうした話は「中国人消費者たちは自動車に対する理解がなく、周囲で聞かされる話を鵜呑みにしていたこと」で広まったものだと指摘した。

 さらに記事は、「中国車は合併メーカーの車には及ばない」という評判についても「正しくない」と主張し、中国車は15万元(約224万円)以下の中価格帯であれば、合併メーカーの車に引けを取らない品質を持つようになっていると主張し、中国メーカーの技術も着実に向上していることを強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)