きれい好きが日本人を虚弱に? 中国ネット「それならなぜ日本人は長寿なのか」=中国

きれい好きが日本人を虚弱に? 中国ネット「それならなぜ日本人は長寿なのか」=中国

中国メディアは、「きれい過ぎで、日本人の体質が弱くなっている」という説を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人はきれい好きなことで知られ、海外からたびたび称賛されている。中国では「我々も見習おう」という人がいる一方、「むしろ良くないことだ」と主張する人もいるようだ。中国メディアの今日頭条は9日、「きれい過ぎで、日本人の体質が弱くなっている」という説を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人の潔癖さは度が過ぎていると紹介。電車のつり革につかまれない、ドアノブに触れない、風邪をひいていなくてもマスクをするなど日常生活にも支障があるほどで、ここまでくると「百害あって一利なし」だと主張した。

 たとえば、日本人は殺菌が大好きだが日和見菌のように体に良い菌もあり、何でも殺菌してしまうのは問題だと指摘。体に有益な菌も排除してしまった結果が「うつ病」や「花粉症などのアレルギー」であり、だから日本にはうつ病による自殺者も花粉症も多いのだと論じた。

 子どものアレルギーに関して言えば、先進国は発展途上国よりも多く、しかも第一子のアレルギー保有率も高いことも、「きれい過ぎるのは体に良くない」証拠になると主張している。これは、環境が清潔すぎるとアレルギー疾患が増えるという衛生仮説のことを指していると思われるが、すべてのアレルギーに当てはまるわけではなく、意見が分かれるところである。

 記事は結論として、きれいな日本は世界から称賛されており、生活するには居心地が良いものの、「日本人を虚弱体質にしてしまった」と結論している。しかし、記事に寄せられたコメントを見ると多くの中国人は記事の主張を鵜呑みにはしていないようで、記事の内容は「大げさだ」という意見が多かった。

 例えば、日本人の平均寿命が世界トップクラスであることを指摘して「体が弱くなって寿命が(平均)84歳になったということか」という人や、衛生面で改善が望まれる「中国人の寿命は日本よりも10年近く短いのだが」とつっこむ人が目立った。また、「殺菌とうつ病は関係がないし、中国でも最近ではぜんそくや鼻炎が増えている」という指摘もあった。何事にも過ぎるのは良くないだろうが、中国の場合はもう少し日本をお手本に衛生に気を付けてもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)