「街にゴミ箱がない」と言われる日本だが、捨てる場所はちゃんとある! それは・・・=中国メディア

「街にゴミ箱がない」と言われる日本だが、捨てる場所はちゃんとある! それは・・・=中国メディア

中国メディアは、多くの人が日本に対して興味を持っており、中でも「日本の街ではゴミ箱を見かけないうえ、紙くず一つ落ちているのも見かけない」という点に深い印象を覚え、初めて日本にやってきた人は街でゴミを捨てる場所が見つからないことに呆然とすると伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は13日、中国のネット上では「日本の街にはゴミ箱はなく、基本的に家や宿泊施設に持ち帰らなければならない」と認識されているが、実は日本にも観光客が少量のゴミを捨てることのできる場所が街にたくさんあったとする記事を掲載した。

 記事は、中国の隣に位置する日本には毎年多くの中国人観光客が訪れ、似て非なる部分の多い日本の文化や習慣、日本でのショッピングやグルメ、アクティビティを楽しんでいると紹介した。

 また、多くの人が日本に対して興味を持っており、中でも「日本の街ではゴミ箱を見かけないうえ、紙くず一つ落ちているのも見かけない」という点に深い印象を覚え、初めて日本にやってきた人は街でゴミを捨てる場所が見つからないことに呆然とすると伝えている。

 そのうえで、観光客は基本的にゴミをホテルなどの部屋に持ち帰ることになるとする一方、長時間観光していると出てくるゴミは結構な量になると指摘。「ずっとゴミを持っているのは面倒であるうえ、あまり気持ちのいいものではないが、実は日本の街にもゴミを捨てられる場所があるのだ」とした。

 そして、観光客が手持ちのゴミを処理できる場所として、コンビニエンスストアに備え付けられているゴミ箱を紹介。そのメリットは何と言ってもコンビニ店舗の多さにあるとし、もし手持ちのゴミが多くなってしまったならば、コンビニを利用して捨てさせてもらうと、負担が軽くなっていいかもしれないと説明した。

 コンビニにゴミ箱があるからといって、何でも際限なく捨てていいわけではない。基本的には持ち帰るが、手に余る場合は、お店に断った上で少し捨てさせてもらう、そして、その際には、できればその店で何かを買って帰るといった心がけが必要だ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)