中国人にとって日本は「隣の芝生は青い」国なのか=中国メディア

中国人にとって日本は「隣の芝生は青い」国なのか=中国メディア

中国メディアは、「日本で働いている中国人は中国国内より良い暮らしができているのか」と問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 少子高齢化による労働力不足などを背景に、日本で暮らす外国人の数は増え続けている。在留外国人のなかでは中国人が占める割合が最も多いが、こうした中国人たちは日本で良い暮らしができているのだろうか。

 中国では経済成長が鈍化傾向にあるとはいえ、それでも日本の経済成長率を圧倒的に上回っており、中国で暮らしていた方が良い暮らしができる可能性もあるなか、中国メディアの捜狐はこのほど、「日本で働いている中国人は中国国内より良い暮らしができているのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本という言葉から多くの中国人が連想するのは「品質の高い製品」、「きれいな空気」、「民度の高い国民」といったものであると伝え、良い暮らしを求めて日本に渡る中国人は少なくないと主張する一方、「隣の芝生は青い」という言葉があるとおり、憧れと現実は往々にして違っているものだと指摘。たとえば、日本は「仕事のプレッシャーが大きい」、「昇進が難しい」、「物価が高い」といったネガティブな面もあると伝えた。

 続けて、日本で暮らす中国人たちにとって「日本は本当に芝生が青い国」なのだろうかと問いかけ、衣食住など様々な方面から日本での暮らしを考察した。まず、日本の給与水準は一般的に北京の3ー4倍の水準にあり、ファストフード店であれば500ー600円ほどで食事ができると紹介したほか、日本は中国と違って食の安全性に対して過度に心配する必要がないと指摘した。

 また、住居についても「中国より圧力が小さい」とし、中国では男性は結婚するにあたって不動産を所有していることが条件となるが、日本では賃貸のままでも何ら問題なく、しかも不動産価格は中国より安いと指摘した。さらに、環境汚染の程度という点では「中国より圧倒的にクリーン」なのは間違いなく、質の高い医療をごくわずかな負担で受けることができ、治安も良いため、空き巣や窃盗などを警戒しながら生活する必要がないと指摘した。

 記事は、中国人にとって日本は「人生におけるチャンスは中国ほど多くはない」ものの、最低限の基準が非常に高い、良質な暮らしができる国こそ日本であることを強調し、その意味では「日本で暮らす中国人たちは良い暮らしができている」との見方を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)