日本を訪れた中国人を「驚愕させる日本文化」とは=中国メディア

日本を訪れた中国人を「驚愕させる日本文化」とは=中国メディア

日本を訪れた中国人たちはその違いに大きな驚きを感じるようだ。中国メディアは、「中国人を驚愕させる日本文化」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国には共通の文化や習慣が少なからず存在するものの、相違点も数多くあるのも事実であり、日本を訪れた中国人たちはその違いに大きな驚きを感じるようだ。中国メディアの今日頭条は24日、「中国人を驚愕させる日本文化」と題する記事を掲載した。

 記事は、まず「焼き餃子をライスやチャーハンと一緒に食べる」という習慣について「日本の独特な文化である」と指摘。中国人にとって餃子は主食の一種であるため、別の主食であるライスと一緒に食べるのは「あり得ない」と表現、これは中国人を本当にびっくりさせる飲食文化の一つであると説明した。

 また、日本のレストランでは四季を通じて「氷水」が提供されることも中国人には受け入れにくい飲食文化の一つだとした。一方、日本には「どんな食べ物」にも食べ放題バイキングがあるのは驚きだと指摘した。中国にも焼き肉や鍋などの食べ放題バイキングは存在するが、日本のようなフルーツやスイーツのバイキングは少ない。これは中国人も「とても楽しい」と感じる飲食文化であると称賛した。

 飲食文化の他にも、コンビニエンスストアや高速道路のサービスエリアを除いて日本の街には「ゴミ箱が見当たらない」のはびっくりだと紹介。中国の場合は街の至る所にゴミ箱が設置されており、人びとは特にゴミの分別を気にすることもなく捨てているが、多くの日本人には「ゴミというものは自分の家に持ち帰って処分すべきもの」という考え方があると説明した。

 また、日本では身体の不自由な人のための設備をよく見かけ、「バス車内にも車椅子を利用する乗客のためのスペースがある」と紹介、さらに日本のタクシーには「自動ドア」が設置されているうえに運転手は礼儀正しく、乗客の荷物をトランクに入れることまでしてくれる「思いやりのこもった日本式サービス」を提供していると絶賛、日本社会に体現された思いやりに注目した。

 この他、日本には数多くのパチンコ店が存在しており、「普段は冷静沈着な日本人」がこのような騒がしい場所を好むのはびっくりだとしたほか、電車やバスが時刻表どおりに正確に運行されていることや、いつでもコスプレイヤーに会える「世界で唯一無二の街」として秋葉原を紹介、これらも中国人をびっくりさせると日本文化であると論じた。

 中国のタクシーには自動ドアが設置されておらず、また、運転手も日本とは異なり制服を着用することはない。また中国には一部地域を除いてパチンコ店は存在せず、バスは始発・最終の時間は決められているが20分、30分等の時間間隔で運行するという方式であり、何時何分に到着するという日本のような時刻表は存在しない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)