中国人が日本人に対して抱く疑問「なぜ他人が近くにいると黙り込むのか」=中国メディア

中国人が日本人に対して抱く疑問「なぜ他人が近くにいると黙り込むのか」=中国メディア

中国メディアは、日本人は中国人について「声が大きくて、うるさい」と感じていると紹介する一方で、中国人からすれば「なぜ日本人は静かにしているのか」と疑問を感じると紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 旅行で日本を訪れる中国人が増えたことで、街中で中国人旅行客を見たり、中国語を耳にする機会が増えたと感じる人は少なくないだろう。中国人は声が大きい人が多いため、離れた場所にいても中国人であることが分かりやすいと言えるが、なぜ中国人は声が大きいのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は中国人について「声が大きくて、うるさい」と感じていると紹介する一方で、中国人からすれば「なぜ日本人は静かにしているのか」と疑問を感じると紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国国内であれば「公共交通機関の車内やエレベーターのなかで、誰かが大声で話をしていたり、電話をしたりすることを咎める人はいない」とし、それが中国の日常だと紹介する一方、日本ではまた違った光景が広がっていると紹介。公共交通機関やエレベーターで大声で話をする人は皆無であり、ただの日常会話であっても「まるで秘密の話をしているかのように、声のトーンを落として会話している」と紹介した。

 続けて、公共交通機関の車内やエレベーター内であっても「日本人は周囲に人がいなければ、普通に会話をする」と指摘する一方、誰か他人が入ってくると途端に黙り込んでしまうとし、こうした変化について「日本に来たばかりの中国人はなかなか対応できず、困惑する」のだと紹介。

 そして、こうした日本人の対応は「日本人と中国人の考え方が大きく違っている」ことを示すとし、他人が近くにいる環境で日本人が黙り込んでしまうのは「周囲にいる他人への配慮」であり、「他人から礼儀の知らない人」と見なされないためであると紹介。一方、中国人はたとえ公共の場であっても「他人に向かって話している訳ではない以上、他人に配慮する必要もない」と考えるため、日本人の対応について困惑するのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)