日本のごみ分別は「あまりに厳しすぎて、我が国の参考にはならない」=中国メディア

日本のごみ分別は「あまりに厳しすぎて、我が国の参考にはならない」=中国メディア

中国メディアは、日本のごみの分別方法は中国の目標ではないと主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本では道路にごみが落ちているのをほとんど見かけないが、ごみ箱も見当たらないため、多くの中国人観光客を驚かせている。ごみ箱がどこにでも置いてある中国とは大きな違いだ。では、中国は日本を目標にすると良いのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本のごみの分別方法は中国の目標ではないと主張する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のごみの処理方法は「あまりに厳しすぎる」と指摘。ごみ分別の表を紹介し、「世界で最も複雑な分別」と細かすぎる分別に苦言を呈した。ペットボトル1つとっても、洗浄し、ふたとラベルは取り除いて分別しなければならないため、「日本国民に試練を与えるシステム」と酷評している。

 自治体によってごみ捨ての方法や時間は異なるが、複雑すぎる日本のシステムは、いつでも捨てられるのに慣れた中国人にとって難易度が高いらしい。また、ごみは種類によって曜日が違い、収集日まで「家の中に置いておく」ことも、粗大ごみが有料で電話予約が必要なのも我慢ならないとした。しかも、分別を間違えると回収してくれないので持ち帰るはめになり、近所の人からの「説教」も待っていると恐ろしさのほどを伝えた。

 では、「世界一厳しい」日本の分別には意味があるのだろうか。記事は、日本のリサイクル率は米国よりも低く、多くが焼却処分になっていると指摘。また、分別が厳しいと、ごみのポイ捨てや路上が汚れる結果になるのではないかと心配しているが、面倒なら路上に放置するというのは中国ならではの考えだろう。

 記事は結論として、旅行者や政治家が日本のごみの分別に感嘆し、日本の民度の高さとして称賛しているものの、中国が真似することはない、と締めくくっている。結局のところ、本音としては面倒だから真似しないでほしいということなのだろう。しかしこの考えに反発する中国人も少なくないようだ。「中国でも分別を進めていこうという時に言う内容ではない」と批判する人もいた。

 中国でも上海などを中心に厳格なごみの分別が始まっている。日本の経験はごみ分別後進国である中国にとっては、やはり参考になるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)