これが日本人だ! 同じホームレスでも「中国人と決定的に違うこと」=中国メディア

これが日本人だ! 同じホームレスでも「中国人と決定的に違うこと」=中国メディア

中国メディアは、「日本のホームレスの人は中国と違う」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本にもホームレスの人はいるが、中国と決定的に違うことがある。日本を訪れた中国人からすると日本のホームレスの人には驚かされることが多いのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本のホームレスの人は中国と違う」と題する記事を掲載した。

 中国には金銭を乞う物乞いが多い。障がい者であったり、家族が難病だと訴えたり、二胡を演奏したり、歌を歌ったりと、お金を乞う方法はさまざまで、中には障がい者を装う健常者の乞食もいる。なかには、服を引っ張っるなどしてしつこくねだる物乞いもいる。しかし記事は、日本のホームレスの人が「金銭を乞う光景を見ることはない」と指摘。これは中国とは大きく異なると言えるだろう。

 記事はその理由を、「日本のホームレスは働いて生計を立てる」と指摘。空き缶を集めたり、捨てられた雑誌を拾って売ったりしている人もいると紹介した。金銭を要求する目的の中国のホームレスの人とは目的が違うと言えるだろう。また、日本では「物乞いが法律で禁止されている」ことや、「生活保護」制度があることも指摘している。

 また、日本の国民の考え方も違うようだ。記事は、日本人は各自が労働の対価として金銭を得て生計を立てることを重視すると指摘。中国では、物乞いが楽に金銭を儲けることができるため、いわゆる「職業乞食」が一向になくならない。しかし記事は、乞食は儲かるかもしれないが「人としての尊厳」を失う問題点があると指摘。日本のホームレスの人が働いて尊厳を保ちつつ、自由な時間を謳歌していることを「労働で幸せな生活を手に入れている」と評した。

 この記事に対して寄せられたコメントには、「日本のホームレスの人は英語ができる」など、訪日の実体験から日本のホームレスの人と中国の物乞いが根本的に違うと指摘するコメントや、感心する声が寄せられた。日中との間には、人としての尊厳とお金のどちらが重要かという点で考え方に違いがあるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)