中国で「唐時代の文化を見学したければ、日本へ行くと良い」と言われる理由=中国メディア

中国で「唐時代の文化を見学したければ、日本へ行くと良い」と言われる理由=中国メディア

中国メディアは、「京都には唐の時代の文化が残っている」と伝えつつ、「唐時代の文化を見学したければ、日本へ行くと良い」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本は中国から大きな影響を受けた国の1つであり、漢字や節句のような文化や建築様式など、中国の先進的な事物を積極的に取り入れた歴史を持つ。こうした背景を持つ日本には、現在でも古代中国の雰囲気を残した建物が数多く残されており、中国人はそのような建築物を見ると「どこか懐かしい気持ちになる」のだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「京都には唐の時代の文化が残っている」と伝えつつ、「唐時代の文化を見学したければ、日本へ行くと良い」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、京都には中国の唐時代の文化を思わせる建物が数多く残っていると紹介しつつ、「他国に古の中国文化が数多く残されているのは世界的に見ても非常に珍しいこと」であると紹介。中国人からすれば、古代中国の建築、芸術、絵画などの文化が「自国ではすでに失われているのに、日本人によって受け継がれているのを見るのは複雑な気持ちになる」と主張した。

 続けて、日本に古代中国の文化が見られる理由として、日本は「遣唐使」を何度も中国に派遣し、「唐」の文化を自国へ持ち帰り、日本の文化と融合させた形で受け継いできたためであると指摘。中国国内でも唐時代の文化や建築物はすでに失われているため、「唐時代の文化を見学したければ、京都へ行くと良い」と言われていることを伝えた。

 悠久の歴史を持つ中国には非常に貴重な建築物が数多く存在しているが、現代の中国では歴史を物語る建築物を後代まで残すよりも、経済発展が優先される傾向が強い。それゆえ、歴史ある建物であっても、不動産建設のために取り壊されてしまうケースは多い。開発して暮しやすい街を作ることも大切だが、歴史的に価値のある文化や建物を後代まで残していってほしいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)