我が国の主食である「餃子」はなぜ日本で「おかず」になったのか=中国メディア

我が国の主食である「餃子」はなぜ日本で「おかず」になったのか=中国メディア

中国メディアは、日本人の食卓に餃子が広く浸透した理由について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 餃子は日本人にとって非常に身近な中華料理の1つと言えるだろう。コンビニでも餃子がお惣菜として売られているほか、スーパーでも冷凍餃子が販売されている。また、なかには餃子の皮を買って、手作りする家庭もあるだろう。

 餃子はもともと中国東北部を中心に主食として食べられている料理だが、数ある中華料理のメニューのなかで、なぜ餃子はこれほどまでに日本で受け入れられたのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の食卓に餃子が広く浸透した理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本に初めて餃子を伝わったのは江戸時代であり、中国の儒学者である朱舜水(しゅ しゅんすい)が日本に伝えた人物であるという説があると紹介。当時の日本では餃子は一部の権力者だけの食べ物であり、中国の食べ方と同じように「水餃子」として食していたようだと紹介した。

 そして、第2次世界大戦後、中国からの引揚者が餃子を日本に普及させ、食糧不足に陥った日本で「餃子は簡単に腹を満たせる料理」として人気を集めたと紹介、ここから餃子は日本人にとっての大衆食となったと強調。

 一方、あくまでも餃子が主食扱いされる中国と違って、日本で餃子は「ご飯のおかず」になったり、「ラーメン」とセットになったり、ビールのお供になったりしていると紹介。白米に合う味である点が日本で餃子が普及した第一の要因であると同時に、お酒と一緒に味わっても美味しいという点も普及を後押ししたことを強調した。

 さらに、「同じ餃子でも日本と中国では食べ方や扱われ方が大きく違うが、それでも中華料理には日本人を魅了するだけの力があるということだ」と主張し、餃子が日本で広く普及している現状は「中国人として喜ばしい」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)