女子サッカーU−16日中戦後、両国選手の間で見られた感動の一幕=中国メディア 

女子サッカーU−16日中戦後、両国選手の間で見られた感動の一幕=中国メディア 

中国メディアは、タイで開催中の女子サッカーU−16アジア選手権の準決勝で試合終了後に日本と中国の選手たちが感動のシーンを演出したと報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 タイで開催中の女子サッカーU−16アジア選手権の準決勝が25日に行われ、日本が中国に2−0で完勝して決勝進出を決めた。中国メディア新浪は、試合終了後に両国の選手たちが感動のシーンを演出したと報じた。

 記事は、同日の試合で日本に敗れたことで、中国は来年インドで開かれる女子U−17ワールドカップへの出場権を獲得できなかったと紹介。試合内容については中国が終始受け身に回る展開で、日本との大きな実力さが露呈したとする一方で、前半は堅い守りで相手に点を与えなかったなど評価できるポイントもあったとした。

 そして、最終的には力尽きてしまったものの、中国代表の屈強な闘志には相手の日本代表も感動を覚えたようだとし、試合終了後に日本代表とベンチスタッフ全員が、ピッチ上に整列していた中国代表の前に並んで深々とお辞儀をするシーンがあったと紹介。これに対して、中国代表も拍手を返すことで相手をたたえたと伝えている。

 記事は、「競技スポーツで重要視されるのは最終的には結果なのだが、日本と中国の試合後の行動は、もはや競技スポーツ自身の範疇を超えていた。中国の女子たちは屈強な精神で日本代表からのリスペクトを得た。もしかしたら、これこそわれわれが得られた最大の収穫なのかもしれない」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)