もし日本滞在中に落し物をしたらどうすれば良い? 「過度な心配はいらない」=中国メディア

もし日本滞在中に落し物をしたらどうすれば良い? 「過度な心配はいらない」=中国メディア

中国メディアは、「日本で落とし物をしたらどうすべきか」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 外国人にとって、海外で心配なトラブルと言ったら何が挙げられるだろうか。治安が良いと言われる日本ではスリや強盗に遭う可能性は低いが、「落とし物をする」ことはどのような旅行者や留学生でも起こり得ることだ。中国メディアの今日頭条は22日、「日本で落とし物をしたらどうすべきか」を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では落とし物をしても「心配はいらない」と安心させた。「かなりの確率で手元に返ってくる」からだ。日本では毎年30万個の財布と20万台の携帯電話が届けられるというが、非常に高い確率で持ち主に返ってくると強調した。

 記事の筆者は、落としたものが残ってくるのは「主に日本の教育と法律のおかげ」と分析。あまりに普通のことなので、日本人にとっては「特に喜ぶことでもない」と驚きを示している。中国では、金目のものを落とした場合返ってくる可能性はなく、その程度のことでは警察も動かないことを知っているので、ただあきらめるしかない。

 では、日本で落とし物をしたらどうすればいいのだろうか。記事は、電車でなくした場合は駅に問い合わせることができ、近くに交番があればそこで聞くことができると紹介。さらに、警視庁のホームページ上でも簡単に探せると伝えた。

 記事に対して、「自分も日本で財布を落とした」というコメントが寄せられていた。この人は、10万円入った財布を無くして派出所に行ったところ、そこで受け取ることができたそうだ。対応が非常に良く、日本は「何でも戻ってくる国」だと感動を伝えている。落とし物をしても戻ってくる確率が高いというのは、安心感を与えてくれる。日本のこの良い特徴はぜひとも継続していきたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)