これが日本の新幹線か・・・プレミアムシートに乗った中国人の感想は=中国メディア

これが日本の新幹線か・・・プレミアムシートに乗った中国人の感想は=中国メディア

中国メディアは、日本を旅行で訪れ、新幹線に乗車したという中国人の手記を掲載し、駅の様子から新幹線の車内に至るまで、中国人の目線で感想を綴っている。(イメージ写真提供:123RF)

 新幹線と中国高速鉄道はアジアを中心に高速鉄道計画の受注を競い合う関係にあるため、中国では新幹線をライバル視する人は少なくない。それゆえ日本を旅行で訪れた際には、新幹線に乗車してみたいと考えている中国人は多いようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を旅行で訪れ、新幹線に乗車したという中国人の手記を掲載し、駅の様子から新幹線の車内に至るまで、中国人の目線で感想を綴っている。

 記事の中国人筆者は、東京駅から新幹線に乗車したようだ。東京駅の丸の内駅舎は、日本人からすれば創建当時の面影を残す素晴らしい外観に見えるが、現在の中国では古いものより新しいものを良しとする風潮があるためか、この中国人の目にも丸の内駅舎は「ちょっと古めかしい」印象を受けたようだ。だが、駅の内部は大勢の人で賑わっていながらも「ごみがどこにも落ちていなかった」ことに驚いたという。

 続けて、新幹線のホームには電光掲示板が設置してあり、出発時刻が掲示されているが、すべての新幹線が時刻どおりに出発していたと紹介。この中国人が乗った新幹線も同様に、時刻どおりに出発していたことも中国高速鉄道との違いであることを指摘した。

 また、新幹線ではプレミアムシート「グランクラス」を利用したようで、「座席が非常に快適だった」と伝えたほか、座席には専用の充電コンセントがあって便利だったと強調。食事もおいしく、非常に満足度が高かったと紹介した。そのほか、新幹線はトイレが広々としていて内部も清潔だったとしたほか、トイレには手すりなどもあって、安心安全な設計となっていたのも印象的だったと伝えた。

 中国高速鉄道も新幹線もハードの部分では大きな差はないと言えるが、実際に新幹線に乗ったことで、この中国人は「新幹線には細かい配慮があって、サービスが優れていた」ことに気づいたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)