なぜだ・・・女子バスケ決勝の中国戦を放送せず、日本の女子バレーを放送する中国中央テレビ

なぜだ・・・女子バスケ決勝の中国戦を放送せず、日本の女子バレーを放送する中国中央テレビ

中国メディアは、中国中央テレビ(CCTV)のスポーツチャンネルが、中国代表の出場する女子バスケットボール・アジアカップの決勝戦ではなく、女子バレーボール・ワールドカップの日本戦を中継することに疑問を呈した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は29日、中国中央テレビ(CCTV)のスポーツチャンネルが、中国代表の出場する女子バスケットボール・アジアカップの決勝戦ではなく、女子バレーボール・ワールドカップの日本戦を中継することに疑問を呈した。

 記事は、女子バスケ中国代表が28日のアジア杯準決勝で韓国に大勝して、29日夜の日本との決勝戦に駒を進めたと紹介。しかし、29日夜の同チャンネルの放送表を見ると、バスケの決勝戦ではなく、女子バレーの日本―オランダ戦を中継し、その後はテニスの中国オープンを放送することになっていたと伝えている。

 そのうえで、「CCTV5(スポーツチャンネル)は中国で最も権威があるスポーツ中継局であるにもかかわらず、みんなの楽しみを無視してこの重要なバスケの試合を放送しないのか」と疑問を呈した。

 記事の疑問に対して、中国のネットユーザーは「バレーは日本戦の後に表彰式があって、全勝優勝した中国の国歌が流れるから」、「バレーはW杯、バスケはアジア杯だからね」、「バスケはまさか中国が決勝に進むとは思わなかったのだろう」、「バスケは強敵の日本に勝てないだろうから、テレビではなくウェブ上での中継したんだよ」など、様々な見方を示している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)