中国人の目に映った「日本と中国の間に見られる違い」とは=中国メディア

中国人の目に映った「日本と中国の間に見られる違い」とは=中国メディア

中国メディアは、「日本と中国の間に見られる違い」を写真と共に紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人観光客の増加に伴い、中国人が日本人の日常生活を見聞きする機会も増えているようだ。同じアジアの隣国と言えど、日本と中国では文化や習慣が異なる部分は多く、実際に日本を訪れてその違いに驚く中国人は少なくない。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本と中国の間に見られる違い」を写真と共に紹介する記事を掲載した。

 記事が指摘した違いのなかには、中国人が実際に日本を訪れて感じる驚きが数多く含まれており、「街中で見られる光景や日常生活の様子、表現の仕方、飲食の習慣」など細かな点を多岐に渡って紹介している。

 例えば、公共の乗り物において「日本人は非常に静かで、車内で大きな声で話す人や飲食する人はほとんどいない」という光景を挙げた。中国でも高速鉄道が全国に路線を拡大し、大都市の多くには地下鉄も運行しているが、車内でも声を気にせずに通話をする人やイヤホンを付けずにスマートフォンで動画を見る人が目立ち、音による迷惑を気にしない人が多いように見受けられる。

 また、食事の習慣においても「日本では各自の器に1人分の料理が分けられて提供され、その量も少ない」ことに驚きを感じている。なぜなら中国料理は円卓に幾つもの大皿が並び、皆でシェアして好きなものを食べるので、テーブル上の豪華さや料理のボリュームが異なるからだ。

 その他、「中国と比べ街中にゴミ箱が少なく、ゴミを分別すること」や、「日本の道路を走る車両は左側通行で中国と真逆なこと」を挙げたほか、日本では「水道水が直接飲める」ことも中国とは違うと紹介。中国では水道水を飲むとお腹を壊すため、必ず煮沸してから飲む必要がある。

 こうして、記事が紹介した日中の違いを知らないと「日本へ行った際に戸惑うだけでなく、恥ずかしい思いをすることになる」として中国人に注意を促している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)