一家で働いても子どもを養えない中国・・・日本が羨ましい=中国メディア

一家で働いても子どもを養えない中国・・・日本が羨ましい=中国メディア

中国メディアは、「1人が働けば一家を養える日本、一家で働いても子どもを養えない中国」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では一人っ子政策が廃止され、2人目の子どもを産めるようになった。だが実際には子どもを産みたがらない若者が増えている。これは出生率にも表れているが、その要因の1つは子どもの養育費が高いことにあるだろう。中国メディアの今日頭条は25日、「1人が働けば一家を養える日本、一家で働いても子どもを養えない中国」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の事情について「父親1人の稼ぎで一家を養っている家庭は少なくない」と紹介。女性は子どもを出産すると家庭に入り仕事に復帰しないためと説明しているが、実際には多くの中国人のイメージと違い日本でも専業主婦は少数派になっている。ただ、中国よりは専業主婦の割合が高いのは確かだろう。

 では、なぜ日本では家族で1人働くだけで生計が成り立つのだろうか。記事は、日本の福利厚生は手厚く、出産にも育児にも政府から補助金が出ると紹介。子どもの医療費が無料で、義務教育も無償であると感心し、平均的な収入があれば3人の子どもがいる家庭でも十分養うことができ「貯金までできる」とうらやんでいる。

 それと比べると、中国の家庭では平均的な収入の共働きの家庭でも赤字で、親からの援助が必要であり「子ども1人さえ養えない」と嘆いた。中国には日本のような子育て支援制度がなく、子どもが生まれると、オムツや粉ミルク、幼稚園、塾などの費用が「驚くほど高い」からだと分析している。日本と中国の違いに「悲しくなる」という筆者は、結論として「どの国にしても、良い生活をするには豊かになるしかない」と締めくくっている。

 記事では指摘していないが、中国の家庭の家計が厳しいもう1つの理由は住宅費もあるだろう。筆者が比較している一般的な日本人と中国人の家計を見ても、中国人の家庭では住宅費に夫婦の収入の3分の1が使われているのに対し、日本の家庭では5分の1ほどだ。

 記事の結論は、お金をもっと稼ぐ必要があるというもので、多くの中国人と同じく拝金主義的な考えのようだが、中国ではそれゆえに祖父母が子どもの面倒を見たり、親が出稼ぎで家にいない留守児童が社会問題となっており、家庭崩壊も深刻化している。お金さえあれば何でも解決できると思っている間は、日本と中国との差は埋まらないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)