日本の家の「水回り設計」は利便性が高い! 中国人にとって「参考になる」=中国

日本の家の「水回り設計」は利便性が高い! 中国人にとって「参考になる」=中国

中国メディアは、日本の住宅の「水回り」に着目して中国との違いを考察する記事を掲載し、「日本では住む人のことを考えた使いやすい設計になっている」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人の生活習慣は意外と違っており、その違いは「住宅の間取りや設計」に現れている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の住宅の「水回り」に着目して中国との違いを考察する記事を掲載し、「日本では住む人のことを考えた使いやすい設計になっている」と伝えた。

 中国の住宅では一般的に「バスルーム」と「トイレ」、「洗面台」が1つの空間にまとめて設置されている場合が多く、しかも1つの空間内で一直線上に設置されているために使いづらい設計になっているケースもある。それゆえ家族の誰かがトイレを使っている間は洗面台を使えない状況となり、朝の忙しい時間帯に家の中が混雑することになりがちだ。

 記事は、日本の住宅の水回り設計は中国と大きく違っていると紹介し、日本では洗面台を中心にバスルームとトイレが設置されていて、しかもそれぞれが独立して設置されるのが基本だと紹介。それゆえ家族の誰かがお風呂に入っていても洗面台やトイレを他の家族が使用できるため、非常に便利だと強調した。

 続けて、「バスルーム」と「トイレ」、「洗面台」を3つの独立した部屋に分けることによって、洗面台の脇に洗濯機を置くことができ、中国の多くの家庭のように洗濯機をベランダに置く必要もないことを強調し、「日本の住宅のようにバスルームとトイレ、洗面台は別々の部屋に独立して設置した方が便利だ」と伝えた。

 中国の住宅事情は日本と大きく異なっている。マンションはスケルトン私が一般的であるため、内装工事は自分で業者を手配して行うことが一般的だ。とはいえ、家の設計や水回りの位置を大幅に変更することはできないため、朝の忙しい時間に複数人で使用できるようにトイレや洗面台を2カ所以上設置する家も多い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)