日本はどうして中国に比べてはるかに多い苗字が存在するのか=中国メディア

日本はどうして中国に比べてはるかに多い苗字が存在するのか=中国メディア

中国メディアは、「日本の名字はどうしてこんなに多いのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の名字は、とにかく多い。今まで聞いたことのない名字が大量に存在するうえに、同じ読みでも漢字が異なったり、「斎」や「高」など字体が複数種類存在する名字もある。そしてまた、日本人の名字は地名同様、日本語を学ぶ中国人にとっては読み方が予測できない鬼門と言える存在だ。中国メディア・百度は28日、「日本の名字はどうしてこんなに多いのか」とする記事を掲載した。

 記事は、古代から近世の日本においては名字は貴族の統治者や武士階級のみに許された特権であり、氏姓制度ができてから実に1500年近い期間この状態が続いたと紹介した。

 そして、1868年に明治天皇を中心とする新しい政府が樹立されると、近代化の道を早々に実現するために国民への有効な管理が必要となり、それまで上層階級の特権とされてきた姓の制度を民間にまで普及させることを決定し、1870年に「平民名字許可令」を発表したと説明。これが、日本の「姓大国」の始まりになったとしている。

 そのうえで、当時平民たちは限られた期間に名字を考える必要に迫られたこと、識字率が高くなかったことから、奇妙であったり適当であったりする名字が続々出現したと紹介。地理的な特徴を表した中村、上野、中野、大野といったものや、付近にいた動物を付した猪野、犬養、牛尾、亀田などといったものなど、とにかく種類が多く、個性豊かな名字が誕生したと伝えた。

 記事は、明治維新時の急進的な改革と、それに伴う管理の混乱により、日本の名字の種類は現在に至るまでに30万あまりと言われるまでに急速に拡大したと紹介している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)