日本を訪れた中国人が感じる衝撃、「これは日本独特の習慣だと思う」=中国メディア

日本を訪れた中国人が感じる衝撃、「これは日本独特の習慣だと思う」=中国メディア

中国メディアは、「日本を訪れる中国人が驚く、日本独特の習慣」について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 初めて中国や香港、台湾といった中華圏を訪れた日本人は文化や習慣の相似点に親しみを覚える反面、さまざまな違いに衝撃を受けることだろう。こうした衝撃は日本を訪れた中国人も同様に感じるもののようだ。中国メディアの今日頭条は27日、「日本を訪れる中国人が驚く、日本独特の習慣」について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本人にとってごく普通の日常生活の様子も、中国人からすると摩訶不思議で理解に苦しむものがある」と指摘。例えば、「マスクを着けて外出する人の多さ」を挙げた。さらに、多くの日本人がマスクを着ける理由として花粉症の割合が多い事の他に、「人に表情をみられたくない、小顔効果」など、マスク依存症の傾向が見られることは中国人を更に驚かせるようだが、最近は中国でもファッションの一部としてマスクを着用する人がいるのは事実だ。

 他にも、日本の会社員が「夏であってもジャケットとネクタイを着用し、革靴を履いている姿」は異様に感じられると指摘し、ビジネスマナーの厳格さに驚きを示した。仕事関連で言えば、日本の会社では今も「コピー機によって印刷された紙の資料」や「印鑑」が使われていることは、電子化の流れに逆行しており、不思議に感じられるとした。

 また、「日本は中国と比べて、現役で活躍する高齢者が多い」ことも、日本で高齢化が深刻化していることを実感する光景だと伝えた。日本を訪れる中国人の多くが日本人の生活を見て衝撃を覚えるのと同じように、日本人が中国を訪れると「色とりどりのマスクを着用している人がいること」や「スーツ姿の会社員が圧倒的に少なく、人びとが私服で働いていること」に違和感を覚えるだろう。

 隣国であっても互いに知らないことの多さに圧倒されるのは中国人も日本人も同じであり、そうした違いを見つけることも旅行の醍醐味と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)