角刈りを好む中国人男性に比べると、日本人男性の髪型は「奇妙」らしい=中国メディア

角刈りを好む中国人男性に比べると、日本人男性の髪型は「奇妙」らしい=中国メディア

中国メディアは、なぜ日本人男性の髪型は中国人と違って「奇妙なのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 流行の髪型というものは時代によって大きく変わるものであり、同様に国や地域が異なれば、人びとの髪型も大きく変わってくるものだ。日本と中国の間でも男女ともに支持される髪型には大きな違いがある。

 それゆえ、中国人から見ると「日本人男性は奇妙な髪型をしている人が多い」ように映るらしい。中国メディアの今日頭条は1日、なぜ日本人男性の髪型は中国人と違って「奇妙なのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 日本では身分や立場に応じて、適切とされる髪型がある程度決まっているが、それでも髪型の種類は豊富でも、個性的な髪型をしている人も少なからず存在する。中国でも近年は若い世代を中心に個性的な髪型を取り入れる人は増えているが、男性は短髪が格好良いという認識が一般的であり、特に中高年の男性は「角刈り」を好む人が多い。

 記事は、日本人男性の髪型は中国人より「個性的」であるとし、その理由を考察したうえで「いくつかの理由を思いついた」と主張。まず1つ目は日本でかつて流行したビジュアル系バンドの影響が今も残っているというもの。そして、2つ目は日本は理容代金や美容代金が高額であることを挙げ、「せっかくお金を払っている以上は、髪型に妥協したくないと思っているのではないか」と主張。そして3つ目として、芸能人や漫画・アニメの影響を受けている可能性が考えられると主張している。

 記事の考察がどこまで的を得ているかは分からないが、日本人の髪型が男女ともに中国人より個性的で、種類も豊富なのは間違いない。中国ではほとんど見受けられない髪型もあるようで、それゆえに中国人からすれば「日本人男性は奇妙な髪型をしている人が多い」と感じられるのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)