NBAで上々デビューの八村、間違いなく中国の好敵手に=中国メディア

NBAで上々デビューの八村、間違いなく中国の好敵手に=中国メディア

中国メディアは、米バスケットボールNBAのウィザーズに所属する八村塁選手が開幕戦で先発出場し、14得点のデビューを飾ったと報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は24日、米バスケットボールNBAのウィザーズに所属する八村塁選手が開幕戦で先発出場し、14得点のデビューを飾ったと報じた。

 記事は、マーベリックスとの開幕戦で八村選手が先発出場して25分間プレーし、15本放ったシュートのうち7本を決め、重要な場面でチームに効果的な14点を挙げたほか、10個のリバウンドをマークしたと紹介。そのプレーについて「コート上で非常に生き生きとしており、何度もリバウンドを取っての速攻を見せ、冷静にシュートを決めていた」と評した。

 また、攻撃面で活躍しただけでなく、守備面においても主なマーク対象となった相手オフェンスに対して、上背で不利になりながらも決して萎縮することなく、出色のスピードと強いフィジカルにより相手を相当てこずらせたと伝えている。

 試合は108−100でウィザーズが敗れ、デビュー戦を白星で飾ることはできなかったが、八村選手は上々のNBAデビューを果たしたと言えるだろう。記事は、まだ1試合を見ただけであり、この先の成績についてはまだ何とも言えないとしつつ、「将来、八村は間違いなく中国男子バスケにとって最大クラスの好敵手の1人になるだろう」とした。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)