U−22がブラジルを撃破した日本、今度はU−17がオランダを破った!=中国メディア

U−22がブラジルを撃破した日本、今度はU−17がオランダを破った!=中国メディア

中国メディアは、ブラジルで開催中のサッカーU−17ワールドカップで、日本代表が欧州チャンピオンのオランダを破ったことを驚きとともに報じた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は28日、ブラジルで開催中のサッカーU−17ワールドカップで、日本代表が欧州チャンピオンのオランダを破ったことを驚きとともに報じた。

 記事は、現地時間27日に行われた同大会グループリーグD組第1節で日本がオランダと対戦、前半34分にFW若月大和選手がもう1人のFW西川潤選手のパスを受けてシュートを決め先制すると、後半24分にも西川選手からのパスを受けた若月選手が決めてリードを広げ、同32分には相手DFのハンドから得たPKを今度は西川選手が決めて3−0で快勝したと伝えた。

 そして、国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトが、「アジアチャンピオンが欧州チャンピオンに大勝した」という見出しで伝え、日本について「相手よりも多く得点のチャンスを獲得した。勝利にふさわしい戦いだった」、「信服させる勝利にて、チームの資質をアピールした」と賛辞を送ったことを紹介している。

 また、開催地であるブラジルメディアも「驚くべきことに日本がオランダに大勝した。アジアのスピーディーなサッカーが、シード国の夢を粉砕した」と報じたほか、敗れたオランダメディアも「日本は全体にわたって主導権を握っていた。若月の存在感が非常に大きかった」と完敗を認めたとした。

 日本代表は、先日もU−22代表がブラジル代表を3−2で撃破しており、中国のネットやメディアもこの話題で盛り上がった。その余韻が残る中で再びブラジルから日本の快勝が伝えられたことで、中国のサッカーファンも再び嘆息したことだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)