日本のノーベル賞受賞者が、上海での講演で語ったこと=中国メディア 

日本のノーベル賞受賞者が、上海での講演で語ったこと=中国メディア 

中国メディアは、日本人のノーベル化学賞受賞者が上海で講演を行い「小さな研究であっても大きな価値を生む可能性がある」と語ったことを伝えた。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・澎湃新聞網は30日、日本人のノーベル化学賞受賞者が上海で講演を行い「小さな研究であっても大きな価値を生む可能性がある」と語ったことを伝えた。

 記事は、30日に上海で開かれた第2回世界トップ科学者フォーラム内の「未来の国際大科学フォーラム」にて、2001年に「キラル触媒による不斉反応の研究」でノーベル化学賞を受賞した野依良治氏が講演を行ったとした。

 そして、講演のなかで野依氏が自身の研究経歴から出発し、ほんの些細な研究であっても社会に巨大な価値を生み、社会の持続可能な発展を助け得ると語ったと紹介。大学時代の研究は自身の個人的な興味をモチベーションとしていたと語り、現在研究者を志す若者も、外部からの圧力を受けることなく、自らの興味に基づいて研究ができることを望むと述べたことを伝えている。

 野依氏はまた「自分たちが触媒を発見してから50年がたつが、当時の小さな発見が世界の福祉にこれほど大きな影響を及ぼすと考えた人などいなかった。学術界、業界、政府は、われわれが直面している問題について、再考してみる必要がある」と語ったという。

 日本人のノーベル賞受賞者が出るたびに、中国のメディアやネットは日本がいかに多くのノーベル賞受賞者を輩出しており、国や社会がどのようなサポートをしているかについての情報が紹介される。実際に賞を受賞した日本人科学者の話に興味、関心を持つ中国人も多いことだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)