日本人が抱く「中国人のイメージ」ってどんな感じ 中国ネット「概ね正しい」=中国メディア

日本人が抱く「中国人のイメージ」ってどんな感じ 中国ネット「概ね正しい」=中国メディア

中国人の日本や日本人に対する理解が進む一方で、中国人からすれば「日本人は中国人にどのようなイメージを抱いているのか」という点が気になるところのようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国では歴史問題を理由に日本や日本人に対して否定的な感情を抱いている人が存在する一方、近年は日本を旅行で訪れる中国人が増えたことで日本に対する理解も進みつつある。中国人が日本で見聞きしたことを旅行記としてネット上に掲載したり、SNSなどを通じて日本の感想をシェアしたりする人が増え、訪日経験のない中国人でも日本の真の姿を知るようになっている。

 中国人の日本や日本人に対する理解が進む一方で、中国人からすれば「日本人は中国人にどのようなイメージを抱いているのか」という点が気になるところのようだ。中国メディアの今日頭条は26日、日本人の目から見た中国人の特徴を紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介した日本人が抱く中国人のイメージとは「身内を大切にする」、「プライドが高い」、「気持ちをストレートに伝える」、「常に怒っているように感じられる」、「負けず嫌い」というものだ。中国人の多くは日本人のように婉曲した言い方をせず、気持ちや考えていることをストレートに相手に伝える傾向があるうえ、中国語の抑揚のある発音ゆえに中国語を聴いた日本人は「怒っているのか」と感じてしまいがちだ。

 また、「メンツを大切にする」、「他人に迷惑をかけても気にしない」、「親を大切にする」、「粘り強い」、「情に厚い」というイメージも紹介。中国では大陸気質で呼ばれる「細かいことを気にしない」人が多く、しかも14億人にせまる人口を有しているため、他人のことをいちいち気にしていたら何もできないという事情はあるかもしれない。また、「負けず嫌い」、「粘り強い」性格については、中国人の魅力でもあると強調し、「くじけない性格だからこそ現在の中国の発展があるのだ」と主張した。

 これに対して中国のネットユーザーからは、「日本人が中国人に抱くイメージは概ね間違っていない」といった声が寄せられていて、日本人は中国人の特徴を比較的正確に捉えていると言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)