日本の盛衰は「40年周期」か、次の繁栄は「2025年」から?=中国メディア

近代日本の盛衰に「40年周期説」が存在 2025年は再び振興の起点と中国メディアが指摘

記事まとめ

  • 近代日本の盛衰には、40年ごとに盛衰を繰り返すという「40年周期説」が存在する
  • 中国日報は「第二次大戦の敗戦で明治以降の近代化をすべてふいにしてしまった」と指摘
  • 2025年までは「破壊」の40年で、2025年は再び振興の起点となる可能性があるとも

日本の盛衰は「40年周期」か、次の繁栄は「2025年」から?=中国メディア

日本の盛衰は「40年周期」か、次の繁栄は「2025年」から?=中国メディア

中国メディアは、日本の盛衰の40年周期説について分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 近代日本の盛衰には「40年周期説」というものがある。40年ごとに盛衰を繰り返すという説だが、中国メディアの中国日報は30日、この40年周期説について分析する記事を掲載した。

 ここでいう40年周期は、江戸幕府に対する倒幕運動が活発化していた1865年を起点としている。ここから数えて40年後の1905年に日本は日露戦争で勝利しており、この期間は日本にとって近代化に成功し世界強国になった「建設」の40年だったと分析した。

 しかし、この40年で大日本帝国を築いた日本は、次の40年間で衰勢し、1945年に「第二次大戦に敗戦して、明治以降の近代化をすべてふいにしてしまった」と指摘、この40年間は「破壊の40年」だったと分析している。

 その後、日本は再び「建設」の40年となったと記事は分析。戦後は米国の庇護のもと、朝鮮戦争、ベトナム戦争という戦争特需や、冷戦という特殊な環境のもとで1945年から最初の10年間で経済回復し、その後の18年間の高度成長、さらに12年間の安定成長と長期にわたって経済成長を遂げ、1985年にピークを迎えたとしている。

 そうなると、気になるのは残りの期間だ。この周期でいえば、1985年から2025年までは「破壊」の40年であり、2025年は再び振興の起点となる可能性がある。しかし記事は、日本人の多くはこのような「運命」を信じてはおらず、歴史を見ると日本の運命は勤勉さや賢さ、高い危機意識、戦後の平和の歩みなどによるものであることが分かり、2025年から再び振興してもそれは運命ではなく主体的なものであると結んだ。結局は運命として道が定められているというより、自ら道を切り開いていく必要があるということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)