日本は想像と異なる国だった、「つまり想像以上に良かった」=中国メディア

日本は想像と異なる国だった、「つまり想像以上に良かった」=中国メディア

多くの中国人は日本という国に対して想像を膨らませ、様々な期待を抱きながら日本を訪れているようだが、初訪日の中国人にとって日本は「想像とまったく違っていた」国なのだという。(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人旅行客のリピーター数は年々上昇しているが、それでも初めて日本を訪れた中国人の全体に占める割合はまだ高く、約半数が初訪日という状況となっている。

 多くの中国人は日本という国に対して想像を膨らませ、様々な期待を抱きながら日本を訪れているようだが、初訪日の中国人にとって日本は「想像とまったく違っていた」国なのだという。中国メディアの今日頭条は4日、初めて日本を訪れた中国人は「日本は想像と異なる国だった」と感想を述べると紹介する記事を掲載し、どのように異なっていたかを紹介している。

 記事は、中国人の多くは初めて訪日する前に「日本のサービスの質の高さ」について様々な噂を耳にするものだと強調し、なぜなら日本を訪れたことのある中国人が「日本のサービスの質の高さ」について口々に称賛するためだと紹介。しかし、実際に日本を訪れてみると「そのサービスの質の高さは、事前に聞いていた話を大幅に上回る質」であることに気づくと伝え、「日本は良い意味で、想像とまったく違っていた」国であることに気づくのだと論じた。

 続けて、日本の細かなサービスや配慮は「実際に体験してみないと、そのすごさがわからない」と主張。たとえばタクシーに乗れば運転手は礼儀正しく、旅行客が持っている大きな荷物の車への積み込みを「自発的に」手伝ってくれると紹介したほか、ホテルでも商業施設でも中国では見られない細かい配慮にあふれていて、「配慮を体験するたびに、心温まる体験ができる」のだと伝えた。

 こうした配慮はいくら口で説明しようとしても伝えきれるものではなく、ましてや体験したことのない人にはその凄さはなかなか理解できるものではないことを強調し、だからこそ初めて日本を訪れる中国人にとって「日本は想像以上の国」に映るのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)