日本は災害が多くて人が住むのに適していない国? それは誤解だ!=中国メディア

日本は災害が多くて人が住むのに適していない国? それは誤解だ!=中国メディア

中国メディアは、「日本は災害が多くて人が住むのに適していない国というのは誤りだ」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本はここのところ、台風や地震、豪雨など様々な災害に見舞われている。そのため中国人の間では「日本は災害の多い国」とのイメージが定着しており、人が住むには適さない所と思っている人もいるようだ。しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本は災害が多くて人が住むのに適していない国というのは誤りだ」とする記事を掲載した。

 記事はまず、日本はプレートの関係で地震が多く、地震のたびに津波を心配することになると主張し、地震のほかにも火山や台風など自然災害が多い国だと紹介。そのうえ資源も乏しいと中国では思われているが、「それは錯覚」だと指摘している。

 確かに日本は「資源」は少ないが、「農業資源」は豊富な国だと記事は紹介。降雨量が多く日射量も多い日本では、森林が多い。また、地形も様々なので生息する生き物の種類も多く、島国なので海鮮物にも恵まれ、古来「食に困ることはなかった」と、いかに生活しやすい条件が整っていたかを伝えている。

 また、島国であることは、歴史を見てもプラスになったようだ。古来より人類の3大問題は戦争、飢饉、疫病だったが、資源が豊富だったために戦争も飢饉も少なく、大陸ではないために疫病が伝染することもなく、総合的に日本は生存に適した場所だったと論じた。

 記事は結論として、「日本は資源が少ない災難続きの小国」だと思われてきたが、それは間違いだと指摘。むしろ、人が住むのに適した国だからこそ、人口密度がこれほど多いのではないかと分析している。

 中国では、何かにつけて日本のことを「小さな島国で何もない」かわいそうな国だとみる向きがあるが、実際には日本は小国でもなく人口も農業資源も多い国といえるようだ。実際に住んでみると分かることだが、日本は気候も資源も恵まれた住みやすい国であり、だからこそ日本に定住することを望む中国人がこれほど多いのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)