中国高速鉄道が完成を目指す「世界初の海底高速鉄道トンネル」=中国メディア

中国高速鉄道が完成を目指す「世界初の海底高速鉄道トンネル」=中国メディア

中国人は何かにつけて「世界一」や「世界初」にこだわる傾向があるが、今度は「海底の高速鉄道トンネル」でも世界一を目指しているようだ。(イメージ写真提供:123RF)

 中国高速鉄道は、速度や営業距離などで様々な「世界一」を達成し、自信を高めている。中国人は何かにつけて「世界一」や「世界初」にこだわる傾向があるが、今度は「海底の高速鉄道トンネル」でも世界一を目指しているようだ。中国では現在、上海南に位置する浙江省寧波市と、東シナ海に浮かぶ島々からなる舟山市を結ぶ高速鉄道計画があるという。

 中国メディアの今日頭条は8日、この高速鉄道計画について紹介し、自画自賛する記事を掲載した。記事によると、この計画は2020年に着工予定で、総延長距離77キロのうち、海底トンネル部分16.2キロを含む約70キロの線路を新設する計画だという。最も深い所では海底78メートルに達する見込みで、「完成すれば世界初の海底高速鉄道トンネルになる」と期待を示した。

 このプロジェクトで注目されるのは、その工事の難しさだという。浙江省の海岸はまっすぐではなく、海底の深さも一般の海域よりも深く、海底トンネル工事には困難が予想されると紹介。そのうえ、海底の岩石の質が不均衡なため、岩石の強度もばらばらで問題が多いと伝えた。

 もっとも、中国で高速トンネルの計画が持ち上がったのはこれが最初ではない。記事は、遼寧省大連市と山東省煙台市間の約160キロメートルを結ぶ大連・煙台(えんたい)海底トンネル構想もあると紹介した。

 中国ではほかにも、中国本土と台湾・台北を高速鉄道で結ぶ壮大な計画が報じられたことがある。台湾本島まで約130キロの海底トンネルを掘る構想だが、こちらも現実的に考えて実現はかなり難しそうだが、中国のインフラ建設の熱は、まだまだ続くようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)