日本人が会社や学校に持参した弁当を温めない、意外な理由=中国メディア 

日本人が会社や学校に持参した弁当を温めない、意外な理由=中国メディア 

中国メディアは、「どうして日本人は弁当を食べる時に加熱せず、冷たいまま食べるのか」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は10日、「どうして日本人は弁当を食べる時に加熱せず、冷たいまま食べるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、中国人は特に毎度の食事で温かい食べ物を摂取するのを好み、温かいことでよりおいしくなるだけでなく、お腹を壊す心配もないと考えていると紹介する一方で、国外では必ずしもそうではない伝えた。

 そして、日本では職場や学校に弁当を持参する人が少なくないが、 ランチの時間になって弁当を食べる際に温めることをしないと説明。また、多くの場所において弁当を温めるための電子レンジが備え付けられていないとしている。

 その理由について記事は、公共のスペースにおけるエチケットを意識したものであるとの見解を示した。会社でも学校でも弁当を温めればその匂いが空間に広がり、空調が入っていればなおのこと匂いが拡散してしまい、食べ物の匂いを好む人はいいが、そうでない他人にとっては非常に気分が悪い状況になると解説した。 

 確かに、弁当を温めることによって発せられる匂いはなかなかのものであり、同じ空間でさまざまな弁当が加熱されれば、その匂いは場合によっては耐えられないかもしれない。

 日本人が弁当を必ずしも温めないもう1つの理由は、温めなくてもおいしく食べられるよう工夫されているからである。温かい弁当がおいしいのは言うまでもないが、日本の弁当は「冷めてもうまい」のだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)