国産品を敬遠する中国人とは逆に「日本人はなぜ国産品を好むのか」=中国メディア

国産品を敬遠する中国人とは逆に「日本人はなぜ国産品を好むのか」=中国メディア

多くの中国人は「国産品は低品質」と認識しており、生活にゆとりのある消費者は外国製品を好んで購入している。(イメージ写真提供:123RF)

 世界の工場と呼ばれた中国。一部の工場は東南アジアに移転しているが、今もありとあらゆる製品が国内で生産されている。その背後では粗悪品や偽物も数多く出回っており、多くの中国人は「国産品は低品質」と認識しており、生活にゆとりのある消費者は外国製品を好んで購入している。

 一方、日本では「国産品こそ信頼できる」と考える消費者は少なくない。こうした中国とは真逆の状況に驚く中国人は多いという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が国産品を好んで使用する理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、中国国内では国産品よりも外国製品のほうが「高額」で販売されているが、品質を信頼できるとして多くの消費者によって支持されていると紹介。だが、日本では「逆」であり、外国製品の方が国産品より「安価」であり、国産品のほうが高いにもかかわらず、多くの日本人はより高額な国産品を支持していると指摘し、「その理由はどこにあるのだろうか」と疑問を投げかけた。

 これの理由として、記事は「食品」を例に挙げ、「どのように生産され、どのような過程を経て日本に持ち込まれたか解らない食品」よりも、生産者や流通過程がはっきりわかり、安心できる国産の食品を日本人は好むと分析。さらに、日本人の味の好みは日本人が良くわかっていて、日本で生産される商品は日本人にとって最適であるため、「日本人は国産品を好んで使用するのではないか」と伝えた。

 中国でももちろん輸入品に対しては関税がかけられるため、外国製品は中国製品より圧倒的に高額であることが一般的だ。だが、中国製品に対する信頼性が低いためか、中国人消費者はどれだけ安くても中国製品を敬遠する傾向にあり、特に医薬品や乳幼児向けの製品などではその傾向は顕著だ。中国企業に求められているのは、中国人消費者の信頼を勝ち得るための努力なのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)