日本が中国と異なる点「誰もが規則を厳格に守ろうとする」=中国メディア

日本が中国と異なる点「誰もが規則を厳格に守ろうとする」=中国メディア

中国メディアは、訪日経験を持つ計2000人の中国人が口を揃えて語る「中国と異なる点」について紹介する記事を掲載した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

 日本を訪れる中国人旅行客が増加を続けている事実は、日本が旅行先として中国人を惹きつける魅力を持っていることを示している。では、実際に訪日した中国人たちは日本に対してどのような感想を抱くのだろうか。

 中国メディアの今日頭条は14日、訪日経験を持つ計2000人の中国人が口を揃えて語る「中国と異なる点」について紹介する記事を掲載した。国が異なれば当然文化や習慣も異なるのはごく当たり前のことだが、中国人観光客が驚いた点を知ることは、日本人が中国に対する理解を深める助けになると言えるだろう。

 記事が紹介した「中国と異なる点」の1つ目は、「日本人は厳格な規則を厳格に守ろうとする」ことだという。日本を訪れた中国人たちは「日本人は完璧主義を目指しているようだ」と感じると紹介し、日本が世界から評価されているのは「天才的な人材が多いからではなく、細かなことを突き詰めようとする性質によるのではないか」と論じた。中国では「上に政策あれば下に対策あり」という言葉もあるとおり、ルールは「抜け穴を探すなど柔軟に対処すべきもの」という考え方があって、日本のように「厳格に遵守する」という意識はない。

 2つ目は、「ゴミの分別が複雑」であることだという。中国の状況と比較すると、ごみの分別回収は上海など一部の大都市で始まったばかりで、中国人には分別の意識はまだまだ浸透していないため、日本の分別方法はあまりに複雑で怪奇なものに映るようだ、3つ目は女性の社会的な地位についてであり、「日本の女性は男性と平等に働いているように見えない」と指摘した。中国が日本以上に男女平等が進んでいるのは間違いない。また、中国の女性は結婚や出産を理由に職場を離れることはないため、日本の女性の立場は中国と大きく異なると感じられるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)