3万人の顔写真が8元(約120円)で売買=中国メディア

3万人の顔写真が8元(約120円)で売買=中国メディア

中国メディアは、大量の顔写真が売買されている実態を報じ、プライバシー保護の観点からの問題点等を指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

 先月、顔認証技術をめぐる訴訟が初めて提訴されたことなどから、中国で顔認証とプライバシーの問題が注目されるようになっている。

 11月19日、中国メディアの新京報網は大量の顔写真が売買されている実態を報じ、プライバシー保護の観点からの問題点等を指摘した。

 同記事によると、多数のインターネット・プラットフォーム上で顔写真データが提供されており、大量の顔写真を無料または有料でダウンロードすることができる。有料の場合は通常1セットが10元(約155円)から20元(約310円)程度で、例えば、60人で各人500枚の計3万枚の写真が8元(約120円)で売買されているという。

 これら写真のなかにはニュースサイトやブログ等から集めたものもあり、すでにネット上では削除されている写真もある。ある販売業者は、ダウンロード時の注意書きとして、写真は研究のために自由に使用することができ、商業用途等の不当な目的での使用のみ禁じられる、と表示しているという。

 同記事は法律家の意見を掲載しており、それによれば、ブログ等に掲載されている個人の写真はその本人が肖像権を有しており、本人の明確な授権なく商業目的で使用すれば肖像権の侵犯となる。また、他の法律家は、公開されている写真を収集すること自体には問題はないが、友人等に向けたブログ等の「半公開」写真については、個人認証関連の情報が含まれるため不正に使用されるリスクがあり、その収集には一定の制限が必要となるとした。

 顔写真のデータは顔認証技術の研究等のために米国の大学や大手IT企業等が提供している例が複数あるが、アジア系の顔データは比較的少ないようだ。我々日本人の顔が、自撮りしてネットに載せたらば知らないうちに中国で売買されていた、というようなことがあるかもしれない(編集担当:猶木縁一郎)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)