冬場に日本を訪れた中国人の驚き「日本の子どもは薄着過ぎる!」=中国メディア

「日本人は真冬でも子どもに厚着させない」と紹介 中国では虐待と疑われる?

記事まとめ

  • 中国メディアの今日頭条は「日本人は真冬でも子どもに厚着させない」と紹介した
  • 中国人は「子どもは寒さに弱く、風邪を引きやすいので必ず厚着を」と考えているという
  • 素足を出している子どもがいれば「虐待」と疑われかねないほどだとか

冬場に日本を訪れた中国人の驚き「日本の子どもは薄着過ぎる!」=中国メディア

冬場に日本を訪れた中国人の驚き「日本の子どもは薄着過ぎる!」=中国メディア

中国メディアは、「日本人は真冬でも子どもに厚着させない」と紹介し、中国人の感覚からすれば「日本の子どもは余りにも薄着過ぎる」ことを驚きとともに紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 大陸性気候にあたる中国内陸部などでは冬の寒さが厳しい場所も多いのだが、冬場にどれだけの服を着るかといった感覚は日本人と中国人では大きく異なるようだ。中国メディアの今日頭条は16日、「日本人は真冬でも子どもに厚着させない」と紹介し、中国人の感覚からすれば「日本の子どもは余りにも薄着過ぎる」ことを驚きとともに紹介する記事を掲載した。

 記事は、冬場に日本を訪れた中国人を驚かせるのは、大人たちにとってはダウンジャケットを着るほど寒い日でも「半ズボンやスカートを穿き、素足を出して走り回っている子どもたちがいること」だと紹介した。中国では体を冷やすことは万病の元と考える人が多いため、冬場になると動きづらそうなほどに厚着をしている子どもたちが多い。

 こうした感覚の違いは日本と中国の習慣から生じるものだとし、日本人はもともとも「子どもは寒さに強い」と考えており、幼い時から薄着をさせることで子どもの体質を強化していると説明。さらに、公共の施設や乗り物内では暖房が効いているので、厚着をさせる必要はないのだろうと主張した。

 一方、中国人の感覚では「大人は多少寒さに耐えられるが、子どもは寒さに弱く、風邪を引きやすいので必ず厚着をさせなけらばならない」と考えると紹介し、子どもの薄着の度合いについて、日本人の感覚は中国人と大きく異なっていると指摘した。

 確かに、中国では冬場の子ども達は大人よりも厚着をさせられ、まるまると着ぶくれして歩きずらそうな幼児をたくさん見かける。ある程度大きくなっても、膝を出して走り回るような子どもはおらず、もし素足を出している子どもがいれば「親が虐待しているのか」と疑われかねないほどだ。日本と中国の冬場の子どもたちの服装の違いは、習慣や考え方の違いに起因するものであり、「子どもは風の子」というのは中国人の間では存在しない概念と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)