中国人から見た日本と中国の「対照的」な習慣とは=中国メディア

中国人から見た日本と中国の「対照的」な習慣とは=中国メディア

中国メディアは、日本と中国では「対照的」とも言える習慣があることを紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本と中国は海で隔てられているものの隣り合う国同士であり、日本は古来より中国から大きな影響を受けてきた国だ。しかし、現代においては日中両国の文化や習慣には様々な違いも存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国では「対照的」とも言える習慣があることを紹介する記事を掲載した。

 記事は日本と中国の習慣の違いを箇条書きに列挙している。たとえば「中国人同士であれば友だちに給料がいくらなのか気軽に尋ねることができるが、日本人は友だちであってもあまりお金の話しない」と紹介。中国人の多くは給料に限らず、あらゆる場面で相手に金額を尋ねるうえ、金額の大きさはメンツに関わることでもあるため、聞かれた側は誇らしげに語ることが一般的だ。

 次に、「中国人は結婚する前に家や車を所有していることが求められるが、日本ではそうではない」と紹介。中国の男性は結婚の条件として女性側から家や車を持っていることが求められるが、近年の中国では都市部を中心に住宅の価格が高止まりしているため、多くの若者にとって頭の痛い問題となっている。

 他にも記事は、「日本ではバレンタインデーに女性が男性にチョコレートを渡すが、中国では男性が女性に花を送る習慣がある」ことや、「外出時に中国人はスマホと身分証明書カードを携帯するのに対して、日本人は財布とスマホを携帯して外出する」、「中国人は料理のデリバリーサービスをよく利用するが、日本人はピザ以外にデリバリーサービスをあまり利用しない」といった違いを紹介した。

 デリバリーサービスに関して言えば、中国ではジュース1本から届けてもらえる。また、ネットスーパーで注文した商品を短時間で配達してもらえるサービスもあり、日本よりも生活に便利なサービスが提供されているため、中国人からすれば大きな違いがあると感じるのだろう。

 中国人から見ても、日本と中国の生活上における習慣には異なっている点が多数存在しているようだ。こうした違いをある程度理解しておけば、中国人と接する機会に必要以上に驚かされることはなくなるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)