日本の家屋に見られる細やかな設備やデザインに、感動を覚える=中国メディア

日本の家屋に見られる細やかな設備やデザインに、感動を覚える=中国メディア

中国メディアは、日本の家に見られる細やかな設計に「感動を覚えて涙が出る」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は23日、日本の家に見られる細やかな設計に「感動を覚えて涙が出る」とする記事を掲載した。

 まず最初に紹介したのは、キッチンのコンロ周りの壁に油が飛散するのを防ぐ工夫だ。キッチンで一番汚れる場所がコンロ周りであり、特に壁は油がべっとりとついて取れにくいとしたうえで、日本のキッチンには壁に油はねを防ぐ特殊なシートを貼り付けていると伝えた。また、シート以外にもコンロ周りに立てかけることで周囲への油の飛散を防ぐアルミ製のパネルが広く利用されているとした。

 次に挙げたのは、浴室のすべり止めだ。日本のホテルに行くと、トイレの床がツルツルではなく、凹凸があって滑らないような床になっていると紹介。これはホテルなどの宿泊施設だけではなく、多くの一般住宅の浴室でも滑りにくいうえ、水はけのいい床が採用されていると伝えた。

 さらに、自分で明るさを無段階に調整することのできる照明が普及していることにも言及。これは主にLED照明が広く普及したことによるものだ。記事は「多くの日本の一般家庭では、ボタン一つで好みのモードに照明を変えることができ、とても便利だ」と紹介している。

 日本の家屋に見られる便利な設備やデザインは、日々の生活をより快適に、豊かにするために絶えず改良、改善が試みられてきた結果と言える。多くの人が経済的な豊かさを手に入れつつある中国の家屋も、これからますます快適さを追求する設備やデザインに改良されていることだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)