「anello」偽リュック販売、中国人逮捕=中国メディア

「anello」偽リュック販売、中国人逮捕=中国メディア

中国メディアが、「anello」模倣品を日本で販売し中国人が逮捕されたことに関するニュースを掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 近頃、リュックサックを持つ女性が増えた。なかでも数年前から「anello(アネロ)」という日本メーカーのリュックサックが大ヒットし、その人気が今では中国やタイにも拡大している。そんななか、24日、中国メディア網易が、「anello」模倣品を日本で販売し中国人が逮捕されたことに関するニュースを掲載した。
 
 「anello」はシンプルなデザインで沢山の荷物が入り、上部が口金型で大きく開くことから物を取り出しやすく、マザーズバッグとしても高い人気を誇る。また、2015年、中国で公開されたドラマ『何以笙?默』にて女優が「anello」のリュックサックを持つシーンが放送されてから、同バッグの人気が中国でも高まり、日本の商品を代わりに買って配送してくれるサービスである中国の代理購入サイトにおいても、購入依頼が多いという。

 記事によると、大阪で「anello」模倣品のリュックサックを販売したとして、警察は中国人3人を逮捕し、およそ2200点の模倣品と疑われる商品を押収した。おもに、店は中国人観光客向けに商売をしており、店内案内には「正規品保障」と表記があるなか、正規品とほぼ同額で模倣品を販売し、1カ月あたり約500−600万円の売り上げがあった。

 また、今回の模倣品は海外で製造し日本に仕入れていたことから、組織的な犯罪であるかも含めて調査中である。「anello」販売元である日本メーカーCarrot Companyは、自社サイトでも模倣品に注意するよう、日本語、英語、中国語で呼びかけている。

 近年、中国人らが日本で模倣品を販売し逮捕される事例増えており、安全かと思われていた日本旅行では、同胞の詐欺師に気をつけるよう記事は述べた。中国人には誰かを騙す人がよくいることを皮肉に挙げ、「国を出ても中国人に騙されるなんて、もう、どうしようもないよ」とのコメントに最も多くの「イイネ」が押されている。(編集担当:三宅 真)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)