レクサスは中国で生産しない・・・いや、生産する「必要がない」のだ=中国メディア 

レクサスは中国で生産しない・・・いや、生産する「必要がない」のだ=中国メディア 

中国メディアは、トヨタの高級自動車ブランド・レクサスが中国に生産拠点を設けない理由について考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は26日、トヨタの高級自動車ブランド・レクサスが中国に生産拠点を設けない理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、レクサスが中国国内で順調に販売台数を伸ばし、ブランド力も右肩上がりを続けており、「たとえ値上げしたとしても購入者は後を絶たないだろう」と紹介。一方で、他の高級車ブランドが中国に生産拠点を設けているのに対して、レクサスは一貫して日本で生産して輸出するスタイルを取っていると伝えた。

 そして、レクサスが中国に生産拠点を設けない理由として、日本のレクサス工場が中国大陸にほど近い九州地方にあることを挙げた。九州工場と上海の直線距離はわずか700キロ程度であり、船で上海に運んでも2日しかかからないため、物流上、中国で生産するメリットがそれほど大きくないと解説している。

 また、地理的な理由のほかにも「中国生産化について、2つの点に自信を持っていない」と分析。1つめは販売台数に対する自信で、昨年1年間の中国における販売台数は20万台足らずと、現地生産化に向けた巨額の投資は見合わないうえ、「いつ売れなくなるか分からない」という市場変化リスクの観点からも、現地工場設置は非合理的だと考えていると伝えた。

 2つめは、品質に対する自信とし、日本国内工場で匠の技術を駆使して生産しているレクサスを中国で生産した場合に品質に影響を及ぼす可能性があるとの認識を持っていると紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)