日本社会に溶け込みたいなら・・・中国人が気をつけるべき行為とは=中国メディア

日本社会に溶け込みたいなら・・・中国人が気をつけるべき行為とは=中国メディア

中国メディアは、「日本社会に溶け込みたいなら気をつけなくてはならない行為」があると指摘する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 近年は日本で暮らす中国人の数が増えているが、中国メディアの今日頭条は26日付で、「日本社会に溶け込みたいなら気をつけなくてはならない行為」があると指摘する記事を掲載した。

 記事は、日本を初めて旅行する中国人旅行客はみな日本人の親切さと礼儀正しさに深い感銘を受けると称賛。こうした日本人の礼儀正しさは家庭内での道徳教育によるものであり、日本社会に浸透しているものだと説明し、それゆえ、「もし日本社会に溶け込みたいと願うなら、普段から自らの行いに留意する必要がある」と提言した。

 続けて、日本社会のなか日本人と良い対人関係を築くために注意すべき点として、「あいさつをしっかりすること」、「建前と本音を見分けること」、「申し出を断るときは婉曲に行うこと」、「空気を読める人になること」を挙げた。

 さらに、日本には女性同士が手をつないで歩く習慣はないこと、人を指さすのは失礼な行為であること、日本では割り勘が相手に気をつかう方法であること、カラオケでは人が歌っている時にちゃんと聞いてあげることなどを紹介した。

 また、中国人は相手に何かを聞き返す時に「は?」という発音の単語を用いるが、日本社会でこの聞き返し方をすると「日本人は馬鹿にされている」と感じると説明。非常に失礼な印象を与えるため、中国式の聞き返し方を避けるようにとアドバイスした。

 また申し出を断るときは婉曲に行うことについて、これは日本人に「他の人の気持ちを気にかける習慣」があるためだと指摘。相手を不愉快な気持ちにさせたくないゆえに、日本人は直接NGとは言わずに婉曲な言い回しを用いると紹介し、直接的な言い回しは避けるべきだと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)