学校への送迎をしなくても「子供が誘拐されない日本」、一体どうやって・・・=中国

学校への送迎をしなくても「子供が誘拐されない日本」、一体どうやって・・・=中国

中国メディアは、「親が子どもの送迎をしない日本では、どうやって誘拐対策をしているのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の教育は子どもの自立心を育てることを重視していると言われ、保護者が毎日子どもを学校に送迎するケースは多くはない。しかし中国では子どもの送迎については賛否両論となっていて、送迎を肯定する意見の多くは「誘拐される可能性」を指摘し、送迎しないことは親としての自覚が足りないと責任感のなさが批判されることもあるほどだ。中国メディアの今日頭条は26日、「親が子どもの送迎をしない日本では、どうやって誘拐対策をしているのか」と題する記事を掲載した。

 中国でも昔は日本のように子どもたちが自分たちで登下校していたものの、登下校中に子どもたちが誘拐される事件が頻発し、今のような形になったようだ。誘拐された子どもは身代金を要求されるわけではなく、どこかへ売られることが多いが、意図的に障がい者にして物乞いをさせる場合もある。

 ではなぜ日本の親は心配なく子どもを一人で登下校させられるのだろうか。記事は、日本と中国の法律の違いを指摘している。日本の法律では未成年者の誘拐は3カ月以上7年以下の懲役に処せられ、営利目的などの誘拐は1年以上10年以下の懲役が科せられることになっている。中国では子どもを「売る」ことは死刑になる可能性があるほどの重罪だが、養育目的となると責任を追及されるとは限らないと主張した。

 また記事は、日本では障がい者が急に増えると怪しまれてすぐに調査が入り、誘拐した子どもを障がい者にして物乞いをさせるというのはビジネスとして成り立たないと分析。誘拐犯が出ないような日本の厳しい法律を中国も学んではどうだろうかと提言している。

 記事の分析は少々的外れなようではあるが、中国では今でも子どもの誘拐が深刻な社会問題となっている。記事に対して、「誰も買わなければ市場が成り立たない」と指摘するコメントがあった。実際に、子どもの売買が今でもビジネスとして成り立っている背景には、「男尊女卑」の思想や「買い手」が多く存在するという現状があるといえるだろう。また、「成績のために動く警察は当てにできない」、「やはり親が責任をもって見る今の方法が一番良い」というコメントもあり、治安の良い日本と単純には比べられないということなのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)