中国人は日本人の民度を見習い、生活環境の向上を図るべき=中国メディア

中国人は日本人の民度を見習い、生活環境の向上を図るべき=中国メディア

中国メディアは、日本人と中国人の民度を比較する記事を掲載し、「現状では中国人は日本人に到底及ばないが、民度と生活環境のさらなる向上を図るべきだ」と読者に訴えかけた。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人と中国人では「公共」に対する概念が多少違っていると言える。たとえば手元にごみがあった場合、日本人は「公共の場は自分だけの場所ではないからこそ、ポイ捨てしてはならない」と考えるが、中国人は逆に「自分の場所でないなら汚しても構わない」と考えがちだ。

 中国メディアの今日頭条は27日、日本人と中国人の民度を比較する記事を掲載し、「現状では中国人は日本人に到底及ばないが、民度と生活環境のさらなる向上を図るべきだ」と読者に訴えかけた。

 記事はまず、日本と言えば多くの中国人が「街に塵一つ落ちていない清潔な国である」という印象を持っていると紹介。それは、日本人は1人1人の民度が高く、外出中に生じたごみを路上にポイ捨てするのではなく、きちんとごみ箱に捨てたり、自宅に持ち帰ったりして処分するためであると強調した。

 では、中国ではどのような光景が見られるのだろうか。記事は、中国でも様々なイベントが開催されることがあるが、参加者が去った後には「一面のごみ」が残されていると伝えたほか、観光地として人気の海辺やビーチでは「砂浜がごみで見えなくなる」ほど大量のごみが散乱すると指摘し、公徳心や民度という観点から言えば「現状では中国人は日本人に到底及ばない」と論じた。

 最後に記事は、中国でも一部の都市においてごみの分別処理はすでに始まっているものの、日本人の民度を見習い、「さらなる生活環境の向上を図るために、中国人は努力すべきだ」と読者に訴えかけた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)